スピロノラクトン
PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    涙腺崩壊!!
    0
      最近、わたしの朝の楽しみは、朝ドラ「花子とアン」を見ること。


      先週は関東大震災のシーンで、
      主人公花子の夫、村岡英治さんの弟である郁弥くんが亡くなってしまったんですね。
      震災直前に郁弥くんが花子の妹かよちゃんに求婚していて…
      相思相愛にも関わらず、かよちゃんは郁弥くんの派手な求婚に困惑してしまってカフェを飛び出してしまうんです。
      そんなときに震災が起こり…。

      金曜日、土曜日は本当に、涙涙でした。
      わたしにとって「花子とアン」は、毎日がドキドキで、今やなくてはならないドラマとなっています。



      それと、土曜日は、前から見たかった「永遠の0」をTSUTAYAでレンタルしてきました。
      (ちょうど更新月だったので、新作380円が無料でレンタルできてラッキー!!)

      これもね、かなり号泣でした!!

      なんといっても、主人公の宮部久蔵を演じているV6の岡田准一さんの演技が上手くて
      妻と娘を思う気持ちがすごく伝わってきて、
      もう〜、これまた涙腺崩壊!!


      その岡田くんが主役をやっている大河ドラマ「軍師官兵衛」を夫が見ていて、
      わたしは用事をしながら、ちらっと見ているだけでしたが
      これからは、真面目に見ようと思いました。
      いや〜、岡田くん、本当にいい役者よ。



      「花子とアン」つながりで。

      主人公、村岡花子は実在の人なのですが、
      わたしを育ててくれたひいおばあちゃん(父方の曾祖母)と同年代の人なのだと知りました。
      (わたしの曾祖母のほうが村岡花子さんより一つ下)
      あ、同年代というだけで、住んでいる土地は全然違うので、出会ってはないですよ!!
      当たり前だけど(笑)。


      でも、朝ドラで花子の生活を見ていて、
      ひいおばあちゃんも、きっと若い頃、そんな着物を着て、そんな家に住んで、
      そんな風に農作業をしてたんだなって思うと(甲府の花子の家族みたいに)
      すごくひいおばあちゃんのことが近くに感じることができるんです。
      こういう明治から昭和にかけてのドラマって
      当時を生きていた親しい人の背景を知ることができて、いいですね!!



      そして、母方の祖母は、5年前に104歳で亡くなりましたが、
      村岡花子さんよりも10歳ほど年下ですね。
      でも、祖母も同じように関東大震災の時は東京にいて、
      本当に大変な恐ろしい思いをしたと言っていたので、
      震災も他人事とは思えないです。
      祖母は10代後半で裁縫を学ぶためにおじさんを頼って
      富山という田舎から東京に出たのですが、ちょっとだけ花子とかぶります。
      当時の女性にとって、田舎から東京に出るっていうのは、
      家族と離れてすごくさびしかったと思うし、勇気のいることだったのではないかと思うんです。
      晩年はとても静かでおとなしい祖母というイメージしかなかったんだけれど、
      すごく芯の強い女性だったんだろうなって改めて思いました。


      それと、花子が東京で勤めていた聡文堂。
      銀座の教文館がモデルなんですね。
      教文館は今でもクリスチャンのグッズや本をたくさん扱っているので、
      わたしもよく買い物に行っていました。
      花子さんがそこで働いていたのだと思うと、本当に不思議な感じ。


      そんなわけで、「花子とアン」は毎日のワクワクドキドキするドラマというだけではなくて、
      わたしにとっては、今は亡きわたしの親しい人たちのことに思いを馳せられるひと時でもあるのです。


      「涙腺崩壊!!」のタイトルからかなりかけ離れた内容になってしまいましたが、
      書きたいことを書けたので、満足!!


      いつも読んでくださってありがとうございます!
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
      にほんブログ村

      posted by: sanachin | 映画・ドラマ♪ | 09:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      レ・ミゼラブル
      0
        だいぶ更新が滞ってしまいました
        書く内容もだいぶ古くなってしまっているのでごめんなさい。


        お正月明け早々、カラオケに行き、
        ゴールデンボンバーの「女々しくて」にはまってしまったわたしです。
        あの歌、盛り上がりますよね〜


        さて、去年の大みそか、金沢フォーラスで映画「レ・ミゼラブル」を見てきました
        今日はその感想を書きたいと思います。

        映画「レ・ミゼラブル」はビクトル・ユーゴーの小説を映画化したものです。

        内容はみなさん御存じかと思いますが、あらすじです。

        「19世紀のフランス。ジャン・バルジャンという男が、一切れのパンを盗んだ罪で
        19年間服役した後、仮出獄するが、生活に行き詰まり、再び盗みを働いてしまう。
        しかしその罪を見逃してくれた司教の真心に触れ改心を誓い、
        身も心も生まれ変わり事業家として成功する。
        市長となるまでの人物になったバルジャンは、薄幸の女性ファンティーヌと出会い、
        彼女から愛娘コゼットの未来を託される。
        そんなバルジャンを執拗に追いかける警官のジャベール。
        バルジャンは命がけでコゼットを守ると誓い、ジャベールの追跡をかわしてパリへと馬車を走らせる。
        彼女に限りない愛をそそぎ、父親として美しい娘に育て上げるバルジャン。
        しかし、パリの下町では革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。誰もが激動の波に呑まれていく。」


        この映画、普通の映画と思って見ていたら、ミュージカルそのままの映画だったのでビックリ!
        セリフがほぼ全部歌なのです
        どのキャストも歌が上手くてとても感動しました
        特に、ファンティーヌ役のアン・ハザウェイが「夢破れて」を歌うところは感動的でした


        映画館で映画を見るのは本当にひさしぶりでした。4年ぶりぐらい!?
        やはり大きいスクリーンで見ると迫力がありますね。
        この映画「レ・ミゼラブル」はハッピーエンドなのですが、
        ジャン・バルジャンが最後に天に召されていくのがなんだかさびしくて。。
        もう少し長く、コゼットやその夫マリウスとともに平安で幸せな生活を暮らせたらよかったのに…
        なんて多くを望みすぎですかね。
        きっとそうじゃないから映画の感動が大きいのでしょうね。
        歳を重ねるたびに、たとえハッピーエンドでも悲しくなってしまって
        これからは劇場で見る時はコメディを見ることにします(笑)。


        いつも読んでくださってありがとうございます♪

        最近「テルマエロマエ」をレンタルして見ました。
        こんなコメディのほうが気持ち的に楽だな〜
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
        にほんブログ村

        posted by: sanachin | 映画・ドラマ♪ | 15:09 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        「美男(イケメン)ですね」
        0

          大阪で5年間勤めた会社では大!韓流ブームでした

          わたし自身、2004年に「冬のソナタ」を見て以来、
          7年かけて少しずつ韓流ドラマを見てきたのでわりと見ているほうだと思っていたのです。





          会社の同僚たちの見るスピードが違うんです!
          BSやCSで毎日たくさん見れるようで一度に(1週間に)7ドラマ見ているという方も



          わたしが今まで一番はまったのは「チュモン」や「チャングム」など歴史物でしたが、
          現代ドラマも好きです
          我が家でBSもCSも見れないことを聞いた同僚は
          「sanachinも見てみて!」とどんどんDVDを貸してくれて
          一時期3つの韓流ドラマを同時に見ることもあり、あの時はさすがに忙しかったです


          なので去年12月をもって韓流ドラマはしばし封印させてもらいました。


          ところが引っ越して仕事も辞めてちょっと時間ができたのを機に
          前から気になっていた「美男ですね」をレンタルして見てしまいました。


          これが

          すっごくおもしろい〜〜


          話の内容もおもしろいし、
          俳優さんたちの演技もうまいし、
          それから、チャン・グンソクの人気があるのがわかりました
          韓国のドラマってコメディタッチのものは俳優さんのコミカルな表情や演技がおもしろいんですよね。


          夫も第3話ぐらいから合流して一緒に見ていましたが、
          かなりはまったようです


          チャン・グンソク演じるテギョンが一番好きで、
          彼が最後に歌う「どうしよう」の歌声が2週間経った今でも頭の中をぐるぐる回ってます。
          チャン・グンソク、歌もうまいですよね〜〜
          感情移入して泣いてしまう場面がたくさんありました。


          普段のグンちゃんはそんなに好きではないのですが、
          ドラマの中のグンちゃんは本当に素敵です


          それでは、これにてまた韓流ドラマは封印します(笑)。


          でも、「美男ですね(韓国版)」はオススメ〜
          ぜひ見てほしいドラマです
          (日本版はあまりオススメしません…)

          ↓「美男ですね」おもしろいよね〜♪と思われる方、
          見てみたくなった方はポチっとクリックお願いします♪
          にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
          にほんブログ村
          ありがとうございます♪

          posted by: sanachin | 映画・ドラマ♪ | 17:46 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
          「かもめ食堂」
          0

            以前から見たかった映画「かもめ食堂」をようやくレンタルしてみました


            あらすじ

            サチエ(小林聡美)はフィンランドの都市ヘルシンキで「かもめ食堂」という名の
            小さな店を営んでいる。ある日カフェにやってきた日本かぶれの青年に
            「ガッチャマン」の歌の歌詞」を質問されるが思い出せず悶々としていると、
            町の書店で日本人女性ミドリ(片桐はいり)を見かける。
            もしや、と思い話しかけると、見事に全歌詞を書き上げてくれた。
            旅をしようと世界地図の前で目をつぶり、指した所がフィンランドだった…というミドリに
            「何かを感じた」サチエは、彼女を家に招き入れ、やがて食堂で働いてもらうことに。
            一方、マサコ(もたいまさこ)は両親の看護という人生の大役を務め終え、
            息抜きにフィンランドにたどり着いたものの手違いで荷物が紛失してしまう。
            航空会社が荷物を探す間にかもめ食堂へとたどりつく。
            生い立ちも性格も年齢も違う3人の女性が、奇妙な巡り合わせでかもめ食堂に集まった…。


            とーーーってもおもしろかったです〜〜〜
            何が!?と言われると困ってしまいますが、
            フィンランドのゆったりと流れる時間と空気の中に登場する
            3人の日本人女性たちのなんとものんびりした会話がほのぼのしてて
            思わずくすっと笑いが
            とっても穏やかな気持ちになれる映画です
            大好きなフィンランド(といっても乗り継ぎで空港にしか寄ったことがないけれど・笑)
            の雰囲気も味わうことができたのもうれしかったです

            きれいな風景、小さくてかわいい食堂、北欧インテリア、そして食器
            すべてがかわいらしく美しい

            食堂のおにぎりや卵焼き、シナモンロール…どれもとってもおいしそうだったなぁ

            小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんのトリオがまた素敵
            大好きな役者さんになりました

            北欧(特にフィンランド)が好きな人、インテリアが好きな人、食器が好きな人、
            お料理が好きな人にぜひオススメしたい一作です


            ランキングに参加しています。
            励みになりますので、よろしければポチっと応援お願いします。
            にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
            にほんブログ村


            posted by: sanachin | 映画・ドラマ♪ | 21:21 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
            「江〜姫たちの戦国」
            0

              この2日間このブログへのアクセスが多かったんです。
              なんでだろう?と思っていたのですが、
              一昨日「ちょっとだけ模様替え♪」という記事を書いたからだと気がつきました

              それだけみなさん(特に主婦の方)、
              インテリアや模様替えに興味を持ってらっしゃるんだろうな〜と。
              それに今流行りの「北欧インテリア」という言葉も書いたものだから、
              もしかしてその言葉にヒットしてしまったのかも。
              このブログ(というか我が家)には北欧インテリアのような素敵なものは…ありません…
              辿り着かれた方、ごめんなさい。。

              それから「カラーボックス」で検索してヒットした方もいらっしゃいました。
              きっと素敵なカラーボックスを探されてたんだろうなぁ。
              すみません…うちは普通のカラーボックスしかないもので…

              そんな感じで、思っていたのと違うブログに迷い込んでしまった方々、
              すみませんでした〜


              さてさて、今年に入って大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」を見ています
              最近歴史が好きになり始めたのと、
              去年「篤姫」をDVDレンタルして見てとってもよかったので、
              女性が主人公の時代劇はきっとわたしはまる!と思って見ることにしました。

              見て、正解

              まだ第2話なのですが、すでに第1話から号泣〜〜
              というか、最初のオープニングテーマソングから泣きそうになってました(笑)。
              吉俣良さんの音楽、篤姫の時もそうでしたけれど、
              とても美しくて感動的なんですよね

              そして豪華キャスト!
              豊川悦司さん、本当に織田信長にそっくり!(って織田信長に会ったことありませんが・笑)
              織田信長が生きてたらこんな感じだったんだろうなぁって想像できました。
              とってもかっこよかったです!!

              それから鈴木保奈美さん。
              長いこと芸能活動をお休みされてましたが、
              このドラマで復帰ということで。
              信長の妹、お市の方、これもはまり役!!

              二人ともトレンディードラマのイメージが強かったのですが、
              年齢とともに?風格も出て、素敵な役者さんになられたな〜と感動しました

              原作・脚本が「篤姫」と同じ田渕久美子さんだそうで!
              ドロドロしてなくて、人気のない(悪い噂の多い)人物も別の観点から描かれていて
              本当は高い志を持って生きていたのかもしれないなぁと考えさせられたり。
              また、篤姫同様、家族愛や夫婦愛に焦点を当てられていて温かみを感じます

              もう毎週楽しみです!!


              今年からランキングに参加しています。
              励みになりますので、よろしければポチっと応援お願いします。
              にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
              にほんブログ村
              posted by: sanachin | 映画・ドラマ♪ | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |