スピロノラクトン
PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    岡山に引っ越して早半年♪
    0
      奈良から岡山に引っ越してきてちょうど6か月のsanachin夫婦。

      この半年間で変わったことはというと…

      「わたしの体重が増えた(3キロ)。」

      …ぐらいだろうか。う〜ん。



      あと、ここ数年感じたことがない気持ちを感じることも。

      「わたしはいろいろな意味で成長できてるのだろうか…?」

      ということ。

      体重だけは順調に成長しているが、

      人間的に、精神的に成長してるかということについては

      まだまだだなぁ…というか停滞してるかもと感じる。



      人はこどもを育てる中で親として成長していくと思うのだが、

      わたしにはこどもがいないので、子育てを経験しておらず、

      子育ての喜びも大変さもなんとなくしかわからない。

      喜びに関しては、甥っ子と姪っ子と遊ぶときに、完全ではないが感じていると思う。
      (しかしこれは親の視点ではなく、どちらかというとおばあちゃんが感じる喜びに近いかも)

      育児の大変さは周りの人から話を聞いて、自分なりに想像してみるようにしている。

      これは実際にやってみないと本当にわからないのだが、

      わたしが今までに経験してきた大変なことを何倍も大変にした状態なんじゃないかと思う。

      もちろん個人差があるからこんな風に簡単に言ってしまうことはできないのだが。

      でも育児を通して大変な経験をしているからこそ、悟ることも多いだろうし、

      人として一回りも二回りも大きくなれると思うのだ。



      もう一つ、仕事を通して人は成長の機会も得られると思う。

      わたしは今敢えて仕事をしていないのだが、

      友達たちが子育てをしながら仕事をしている姿を見ていると、

      「わたし、このままでいいのかなぁ?」

      とふと思ってしまうことがある。

      なんだか一人ぽつんと取り残されたような気持ちになるというか

      1人だけ、こどものまま歳を重ねていくような気がするのだ。



      人と比べる必要なんてない。

      わたしはこのままでいい。

      きっと周りの人はそう言ってくれるだろう。



      でも、人って成長したいと願うものだと思うし、

      この世で成長するために生きているんだ。



      あ、書きながら自分なりの答えを見出したような気がする。

      もっと奉仕をしよう。

      もっと人の役に立つことをしよう。

      もっと周りの人に目を向けて、自分ができることをしよう。

      自分が楽しいと思えることで、他の人を助けたり励ましたりできたらいいな。



      大阪に住んでいた時は、家事と責任と仕事で忙しかったし、

      奈良ではどうしても他の人の幸せを考える責任をもらっていたから

      こんな風にあまり深く考えることがなかったのだな。



      なんだか、わけのわからないブログになってしまったけれど、

      もっと周りの人のために心を込めて奉仕したいという気持ちになれた。

      まずは、プライマリーのこどもたちへのレッスンをよ〜く準備しよう。

      読んでくださってありがとうございました!!


      いつも読んでくださってありがとうございます!
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
      にほんブログ村

      posted by: sanachin | ひとりごと♪ | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      すっかり忘れていたけれど…
      0
        2014年に入ったと思ったら、もう1月も終わりです。

        今年の成人式は教会のもちつき大会に行っていたので、すっかり忘れていたのですが、

        実はわたし…

        今年、2回目の成人式を迎えてました!!

        もう〜、信じられな〜い汗

        特にショックとかいうのはないのですが、

        ただただ時間の過ぎるのは早いな、と…

        今日はすっかり遠い目をしておりました。



        成人式の時のわたしはまだ大学2年生で…

        天真爛漫に生きてました。

        さすがにあの頃と比べたら、年齢とともに落ち着いてきたと思うし、

        成長したこともたくさんあるんだろうと思うけれど、

        基本的な性格は変わっていないような気がします。



        もっと、落ち着いた大人の女性になりたい!!

        …と2度目の成人式が巡ってきて、思う今日この頃です。


        いつも読んでくださってありがとうございます!
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
        にほんブログ村

        posted by: sanachin | ひとりごと♪ | 12:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        サクラサク
        0
          卒業シーズンですね。

          受験生にとっては、ハードな季節だろうなと思います。

          そんなわたしもかつては受験生でした。

          20年も前の話です。

          大学受験を甘く見ていました。

          普段の自分で勝負しよう、と思っていたのに、センター試験でビックリするほど緊張してしまってた。

          文系なのに、国語で平均点を取れなくて、

          そんなこと今までなくて、焦りました。

          それでも2次試験は第一志望の大学を無理やり受けました。

          手ごたえがよくなく、きっとダメだろうなぁと思っていたら、

          やっぱりダメでした。

          電報にはわたしの受験番号はありませんでした。

          ショックでした。

          泣きました。

          18年の人生で初めて経験した挫折でした。

          それから1週間後に後期日程で受けた大学から電報が届きました。

          「サクラサク」と書いてありました。

          受験した時は絶対行かないと思っていた大学でしたが、

          うれしかったです。

          実家から遠く遠く離れた大学でしたが、

          その大学に行こう、と決めました。

          担任の先生は、第一志望の大学が欠員が出たら2次募集で取ってくれるかもしれないから

          入学手続きしないで待ってろ、と言ったのですが、

          志望大の2次試験の答案もボロボロだったし(先生は知らないだろうけど)、

          2次募集でも取ってもらえなかったら行き場がなくなるし、

          浪人させてもらえるだけの経済的余裕もなかったし、

          浪人するくらいなら働こうって思っていたし、で、

          受かった大学に行くことにしました。

          第一志望の大学に落ちたことはすごく辛かったけど、

          わたし、落ちて本当によかったと思います。

          もちろん、行きたかったんですよ。

          でも、受かってたら、きっとわたしは、挫折を知らない人間になっていたことでしょう。

          そして、受かった大学に行ったからこそ、

          その土地で出会うべき出会いがあり、

          そこで出会った人たちのおかげで、

          その土地が好きになり、大学を卒業してからもそこに残って仕事までしていました。

          そこで出会った人たちのおかげで、

          ボランティアにも行けました。

          東京で再就職することもできました。

          関西出身の最愛の夫と出会うことができました。

          18歳の時の挫折と決断のおかげで、

          今いるわたしがいて、今いる自分が大好きになれました。

          人生、挫折がつきものだけど、

          その時は本当にショックだったり、辛かったりするけど、

          長い目で見たら、それが自分にとって一番必要なことだったんだ、と知ることができる。

          それがわかるのに、長い長い時間がかかることがあるけれども。

          きっとこれからもわたしは挫折というものを経験していくのでしょう。

          挫折を感じない人もいるのだと思います。

          挫折を感じる必要がない人かもしれないし、

          他の人が挫折と感じることを挫折と感じない人もいるでしょう。

          でも、わたしは弱いから挫折を感じながら成長していくんだろうと思います。

          それがないと、きっとわたしの場合は人の傷みがわからなくなるんだな。



          いつも読んでくださってありがとうございます♪

          長文につきあってくれてありがとうございます
          にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
          にほんブログ村

          posted by: sanachin | ひとりごと♪ | 14:30 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |