スピロノラクトン
PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    物と向き合うこと♪
    0

      昨日はひさしぶりに去年まで住んでいた大阪の茨木市に行きました。
      同窓会のようなものです
      なつかしい友達にたくさん会うことができてうれしかった〜
      結婚してから6年4カ月間住んでいたので思い出いっぱいの地
      1時間半かけて行って本当によかったです


      *************************************************************


      さて、少し前にバイオリンと着物着付けグッズを手放すかどうか悩んだ結果
      両方とも大事に保管すると決めたというお話をさせていただきました


      ほかのものはあっさり処分できたのに、
      なんでこの二つはこんなに悩んだんだろう?と思ったのですが、
      そういえば、こんまりさんの本に、

      「捨てられない原因は二つ。『過去に対する執着』か『未来に対する不安』」

      とありました。


      そうか〜 きっとわたしの場合…

      バイオリンは「未来に対する不安」

      またいつか弾くかもしれない、その時もう一度バイオリンを買うとしたら安くない…という気持ちが
      頭の中をぐるぐる


      着物着付けグッズは両方

      1年7カ月も費やして、お稽古代、お免状代も半端なかった、だからもったいない、という執着。
      そしてやはり、またいつか着るかもしれない、という不安



      これらに対してかなり「過去への執着」と「未来への不安」が大きかったと思われます。
      そりゃそうだわ、かけたお金がほかとは違うんだものね。当たり前か


      当たり前なんだけれども、わたしにとって
      それらと正面から向き合って、とことん悩んだからこそ、
      それらのことがいっそう愛おしく感じられるようになった気がします


      ここで向き合ってなかったら、これからも「どうしよう〜」という気持ちが続いたまま
      また何年も過ごしていたかもしれません。
      それこそバイオリンや着付けグッズたちに失礼だったような気がします。
      (大げさ?なんだかこの感覚、こんまりさんに近づいてきたような気がします・笑。)


      こんまりさんの本より少し引用


      「ここにモノがあるという事実。それは過去に、他人ではなく、ほかならぬ自分自身が選択した結果、
      そこにモノが存在しているのです。危険なのは、それらを見て見ぬふりしたり、自分の選択を否定するかのように乱暴に捨ててしまったりすることだと思います。」


      「だから私は、モノを無意味にため込むことも、「とにかく何でも考えずに捨てる」という考えにも反対。
      1つ1つのモノに向き合って、そこで出てきた感情を味わって初めて、モノとの関係が消化できると考えています。」


      バイオリンと着付けグッズのことで、この言葉が身にしみました〜


      物を買う前にホントに必要か、よく考える。
      もらう前にホントに使うか、よく考える。
      習う前にホントにすぐ投げ出さないか、長く楽しめるか、よく考える。
      それって本当に大切
      これからもモノとしっかり向き合っていきたいと思います


      いつも読んでくださってありがとうございます♪
      物と向き合う時間って大事ですよね〜♪
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
      にほんブログ村

       

      posted by: sanachin | 整理・収納♪ | 00:00 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - | - | - |
        おはようございます。昨日はお話が弾まれたんでしょうね。メールや電話もいいけど、「会う」ってやっぱりいいですよね♪
        ところで、捨てられなかったモノととことん向き合うって私はありませんでした。私もこんまりさんのおかげで、捨てられなかった管楽器についてよ〜く考えることができました。ですから、管楽器は残すべきときめくモノに昇格できました。だらだらと残していたときとは違います。以前の私は管楽器に失礼だったなぁ。私もこんまりさんに感化されちゃったかもです(^^)
        私もsanachinさんと同じくこれからもモノとしっかりと向き合いたいです♪
        | martha | 2012/09/09 11:07 AM |
        marthaさんへ♪

        marthaさん、こんにちは♪
        昨日はひさしぶりにお友達と話してとっても楽しい一日でしたよ!
        marthaさんにとって、管楽器がときめくモノに昇格できたんですね。
        よかった!よかった!
        そうやってモノと向き合って、自分がときめくものがわかってくると、次に買い物する時や人からもらう時に自然と必要なもの、そうでないものがハッキリしてきますよね!
        この感覚、大切だな〜って思いました。
        お互いこんまりさんの影響、受けてますね(笑)。
        これからもモノとよく向き合ってお気に入りのものに囲まれた素敵ライフを過ごしていきたいですね♪
        | sanachin | 2012/09/09 4:35 PM |
        「過去への執着」と「未来への不安」
        ぴったりと来る言葉ですね〜!
        正しくその通り…
        我家には、まだまだ両方に当てはまる物がいっぱいあります^^;
        随分と処分したつもりですが、sanachinさんのブログを読むと、更に片付けたくなります!やる気の素になってます♪
        「1つ1つのモノに向き合って、そこで出てきた感情を味わって初めて、モノとの関係が消化できる」
        私も↑のようにモノと向き合って行きたいと思いました。
        良いお話を有難うございます(*^^*)
        | sumippy | 2012/09/09 10:54 PM |
        私も帰国するとどうしても広島に出向いてしまいます。
        7年間過ごした広島は私の第二の故郷です。

        戦後、「勿体ない」と母に言われながら育った私。
        何でも捨てることができません。

        でも・・・今後のことを考えて、最近はいろいろ処分しています。
        自分で縫った洋服などは愛着があってどうしても捨てられないのですが
        残しておいても、整理をするとき娘たちが困るだろうなぁと
        思い切って人にあげたり、捨てたりしましたよ。
        「こんまりさん精神」を見習って・・
        別の意味で、物を大切にしていきたいと思います。
        ありがとうございました。
        | モコポリ | 2012/09/10 7:15 AM |
        sumippyさんへ♪

        まさしくその通りでしょう!?
        これ読んだ時何回もうなづきました!
        さすがこんまりさん。

        去年まで働いていた時は時間がとれなくて、
        ひとつひとつのモノと向き合うっていうことがほとんどありませんでした。
        けっこう適当に処分したり(それはそれでしかたないことなのですが)。
        今時間があるからできることなのかもしれないのですが、
        だからこそ、1つ1つのモノとよく向き合っていきたいと思います。
        sumippyさんのブログを読んでいると、本当にお気に入りのものだけに囲まれた素敵なお家に住まわれてるんだな〜というのが感じられます。憧れです♪
        | sanachin | 2012/09/10 11:17 AM |
        モコポリさんへ♪

        モコポリさんにとって広島が第二の故郷なのですね。
        広島っていいところですよね!!わたしにとって行ってよかった場所のかなり上位です!

        モコポリさんも物と向き合ってらっしゃるんだなぁと感じます。
        ずいぶん前になりますが、北九州のお家にお招きいただいた時もお家がとってもきれいで本当に丁寧に暮らしてらっしゃるなぁと感じていました。
        裁縫も料理もホント、モコポリさんは素敵主婦です♪
        北九州にいる時もっともっといろいろ教えていただきたかったです!
        今はブログでつながっているのでブログを通して学ばせていただいています♪
        | sanachin | 2012/09/10 11:39 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://sanachin.jugem.jp/trackback/351
        トラックバック