スピロノラクトン
PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    サクラサク
    0
      卒業シーズンですね。

      受験生にとっては、ハードな季節だろうなと思います。

      そんなわたしもかつては受験生でした。

      20年も前の話です。

      大学受験を甘く見ていました。

      普段の自分で勝負しよう、と思っていたのに、センター試験でビックリするほど緊張してしまってた。

      文系なのに、国語で平均点を取れなくて、

      そんなこと今までなくて、焦りました。

      それでも2次試験は第一志望の大学を無理やり受けました。

      手ごたえがよくなく、きっとダメだろうなぁと思っていたら、

      やっぱりダメでした。

      電報にはわたしの受験番号はありませんでした。

      ショックでした。

      泣きました。

      18年の人生で初めて経験した挫折でした。

      それから1週間後に後期日程で受けた大学から電報が届きました。

      「サクラサク」と書いてありました。

      受験した時は絶対行かないと思っていた大学でしたが、

      うれしかったです。

      実家から遠く遠く離れた大学でしたが、

      その大学に行こう、と決めました。

      担任の先生は、第一志望の大学が欠員が出たら2次募集で取ってくれるかもしれないから

      入学手続きしないで待ってろ、と言ったのですが、

      志望大の2次試験の答案もボロボロだったし(先生は知らないだろうけど)、

      2次募集でも取ってもらえなかったら行き場がなくなるし、

      浪人させてもらえるだけの経済的余裕もなかったし、

      浪人するくらいなら働こうって思っていたし、で、

      受かった大学に行くことにしました。

      第一志望の大学に落ちたことはすごく辛かったけど、

      わたし、落ちて本当によかったと思います。

      もちろん、行きたかったんですよ。

      でも、受かってたら、きっとわたしは、挫折を知らない人間になっていたことでしょう。

      そして、受かった大学に行ったからこそ、

      その土地で出会うべき出会いがあり、

      そこで出会った人たちのおかげで、

      その土地が好きになり、大学を卒業してからもそこに残って仕事までしていました。

      そこで出会った人たちのおかげで、

      ボランティアにも行けました。

      東京で再就職することもできました。

      関西出身の最愛の夫と出会うことができました。

      18歳の時の挫折と決断のおかげで、

      今いるわたしがいて、今いる自分が大好きになれました。

      人生、挫折がつきものだけど、

      その時は本当にショックだったり、辛かったりするけど、

      長い目で見たら、それが自分にとって一番必要なことだったんだ、と知ることができる。

      それがわかるのに、長い長い時間がかかることがあるけれども。

      きっとこれからもわたしは挫折というものを経験していくのでしょう。

      挫折を感じない人もいるのだと思います。

      挫折を感じる必要がない人かもしれないし、

      他の人が挫折と感じることを挫折と感じない人もいるでしょう。

      でも、わたしは弱いから挫折を感じながら成長していくんだろうと思います。

      それがないと、きっとわたしの場合は人の傷みがわからなくなるんだな。



      いつも読んでくださってありがとうございます♪

      長文につきあってくれてありがとうございます
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
      にほんブログ村

      posted by: sanachin | ひとりごと♪ | 14:30 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 14:30 | - | - | - | - |
        sanachinさん、お久しぶりです*^^*

        私も…
        同じ挫折を味わいました;;
        受験に落ちたことで行くことになった学校で、主人(夫とは違う大学ですが)に出合い結婚♪
        今は落ちて良かったと…私も思います。。。

        先日、娘が第一志望の高校に落ちて、挫折の真っただ中!
        今は辛いと思うけど、sanachinさんや私のように、きっとあの時落ちて良かったと思えるときが来るはず…
        落ちた後の生き方で、そう思える日が来るのではと思います。。。
        娘にもそんな時が来ることを願うばかりです。。。

        インフルエンザ後のsanachinさん、パワフルですね〜^^/
        でも、お元気そうで良かったです♪
        | sumippy | 2013/03/14 7:39 PM |
        sumippyさんへ♪

        sumippyさ〜ん!!おひさしぶりです!!
        なかなかコメントを残せなくてごめんなさい!
        でもいつもブログにあそびに行っているんですよ!

        sumippyさんも同じ経験をされていたんですね。
        第一志望校に落ちた時は本当にショックでショックで、
        まるでこの世の終わりのように泣きました。
        でも、あれから20年も経つと、別の大学に行ってよかったな、って思えます。
        また違った人生になりますけど、その方がよかったりする場合もきっとあるのでしょうね。

        sumippyさんの娘さんも今は挫折の真っただ中かもしれないけれど、その経験のおかげでもっと人の気持ちがわかる人になれたり、また別の楽しい有意義な人生があるんだということをいつかわかる日が来ると思います!
        大丈夫ですよ!!

        インフルエンザの後、しばらくのんびりしようと思っていたのですが…
        思いのほか予定が入ってしまって、走り回ってたら元気になってました。
        予定が入ってるほうが体によいのかも(笑)。
        | sanachin | 2013/03/14 9:36 PM |
        こんにちは。

        ご夫婦でインフルエンザ、大変でしたね(涙)

        今自分の置かれている状況より辛い事態に陥ったり、どん底を知ることで、初めて気付けたり学んだりできることってありますよね。

        でも辛い想いを自分の中で消化して学びにできるまでにはすごく時間がかかるんですよね・・・

        それでもそういったことを繰り返しながら、これからの人生においても成長を続けることができる自分でありたいものですね☆

        | たれたれ | 2013/03/16 12:50 PM |
        「サクラサク」・・・いい響きですね!

        孫が大学受験生で、来年は受験をします。
        孫にとって少々ハードルの高い大学を目指して準備中ですが
        私は「孫にとって一番ふさわしい大学に導かれますように」といつも祈っています。

        sanashinさんとの出会いも・・全て偶然ではなく
        決まっていた道なのですよね。

        | モコポリ | 2013/03/17 7:35 AM |
        たれたれさんへ♪

        たれたれさん、コメントをありがとうございます!!

        できれば楽しい経験だけしたいんですけど、そうはいかないもんですね。
        辛い経験って本当、自分の中で消化するのに時間がかかりますよね。
        そこからスコーンと抜けだした時に何か学べた時にその辛い経験が喜びに変わるんですね。
        そう思って、毎日を悲観的ではなく楽観的に生きて行きたいものです。わたしの願望です。


        | sanachin | 2013/03/17 5:30 PM |
        モコポリさんへ♪

        モコポリさんのお孫さんは来年受験なんですね。
        わたしが受験した20年前とは受験も変わっているだろうし、年々難しくなっているのでしょうか。
        お孫さんにふさわしい大学に導かれるとよいですね!

        そうなんです、あの大学に行かなければモコポリさんと出会うことはなかったでしょう!
        モコポリさんを始め、たくさんの素晴らしい人たちに出会えたので、本当にあの土地に住むことができて感謝しています!
        | sanachin | 2013/03/17 5:33 PM |









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック