スピロノラクトン
PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    スペイン旅行記Vol.23〜美術館巡り♪
    0
      マドリード第8ワードがとっても好きになり、
      余韻に浸りながら地下鉄に乗りました。


      まず向かったのは「国立ソフィア王妃芸術センター」(Reina Sofia)


      (1992年にオープン)


      日曜日は無料ということなので来てみたのですが、なんと1時半からでした。


      1時間程時間があったし、おなかがすいていたのですぐ近くでランチしました。



      これは、野菜スープ



      日本のお味噌汁を食べてるようで、とってもおいしかったです!
      野菜もたっぷりでヘルシーー!!
      それにしても、こぼれそうなくらいいっぱい入ってるね。



      そしてパエリア再び!!



      う〜ん、やっぱりバルセロナで食べたのと同じ感じでした。
      ベタっとしてるけど芯がある…これはスペインどこに行っても同じなのか!?



      こんなお店でした!



      お店のスタッフがとっても親切で気に入りました!



      日曜日は入場無料ということで、行列も長い。



      みなさん考えることは同じなのでしょうか。



      でも、奈良の正倉院展で毎年すごい列を並んでるわたしたち夫婦は動揺せず並ぶ。






      というのも、夫はこの国立ソフィア王妃芸術センターでどうしても見たいものがあるみたいだから。






      さてさて、夫が楽しみにしていた「ゲルニカ」



      残念ながらこの美術館は撮影禁止なので、「ゲルニカ」はポストカードを購入。


      美術館に入って最初に「ゲルニカ」見に行って、途中でまた見に行って、
      最後に見納めに見に行って…。いったい何回「ゲルニカ」見たことか。


      ほかにもたくさん素晴らしい絵画があったはずなんですが、
      もはや「ゲルニカ」しか覚えてない。


      もちろん「ゲルニカ」の絵の前は一番人が多いです。


      「ゲルニカ」は、1937年バスク地方のゲルニカが内戦の空爆で壊滅的な被害を受けた直後、
      同年のパリ万博のスペイン館の壁画として製作されました。なんと2か月で!!


      この美術館は、パブロ・ピカソの絵画がたくさん見られました。
      バルセロナでもピカソ美術館に行ったから、今回の旅ではピカソの作品たくさん見たなぁ。
      夫がピカソ、すごく好きみたいなんです。



      美術館の最寄り駅「アトーチャ駅」



      あまりゆっくり中を見られなかったけど、植物とかたくさんあってきれいな駅みたい。
      でもスリはめちゃくちゃ多いみたいです。


      次は、王宮へ向かいます。


      いつも読んでくださってありがとうございます!
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
      にほんブログ村

      posted by: sanachin | スペイン旅行記♪ | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 09:14 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック